筋トレグッズ(ダンベル、ベンチ)は高く売れる!

こんにちは、パパトレーナーのナオです!

夏もすぐそこまで迫ってきてますね!というか、5月なのに猛暑で肉体労働者にとってはキツいです。

5月といえば、ジムに入会する人が増える季節でもあります、みんなビーチ映えする肉体を手に入れようと筋トレを始めるからです!

中にはダンベルやベンチ、アブローラーなんかを購入して筋トレを始める人もいますよね!ジムよりもお手軽でコストをかけずにAmazonでポチれば明日から筋トレを始められますからね!

今回はそんなこれから筋トレを始めようとしてる人たちに向けて、「筋トレグッズ(特にダンベルやベンチ)が高く売れるよ!」って記事を書いてみようと思います!

自宅トレーニングをするのにおすすめな筋トレグッズ

私も筋トレを始めたのは自宅でした。肉体労働に転職を決めたある年の12月に、急にこのままの体力じゃ肉体労働はムリだ!と思って、その勢いでAmazonでIROTEC(アイロテック)の可変式ダンベル20kg×2のセットを買いました!

たまに、ダンベル1つだけを買う人がいますが、ダンベルは2個セットで買うことがマストです!

2個で買えば、ダンベルベンチプレス、ダンベルショルダープレス、サイドレイズ、ダンベルスクワット、ダンベルデッドリフトなど種目幅は無限大です!

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセット (片手20kg×2個) 筋トレ ダイエット ダイエット器具 トレーニング ベンチプレス 筋肉

ダンベルを買ったならベンチも必要ですね!というか必須です!ここでは詳しく説明はしませんが、ベンチの有無でできる種目が圧倒的に違います!

おすすめは背中の傾斜が調整できるタイプのインクラインベンチってやつです!最低でもフラットベンチは買いましょう!

ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.) フラットインクラインベンチ-TRUST



僕の場合、ケチったのでダイニングテーブルとセットのベンチを代用してました!

こういうやつです!

 

いつも耐荷重のことを気にかけながらのトレーニングでした。笑

 

IROTEC(アイロテック)のダンベルが高く売れた話

私はエニタイムフィットネスに入会するまでの約半年間はダンベルでトレーニングしてました。

その後ジムに入会した後は、全く使わなくなってしまったので、売ることに決めたのですが。ヤフオク、メルカリ、ブックオフのどれかで売ろうと考えて、どれくらいで売れるのか、まずは相場を調べたのですが、そこでびっくりしました!

ヤフオク、メルカリの2017年当時の相場は定価の40%~60%で取引されている印象でした。

状態が良ければ定価の60%で売れます!

実際に私の場合は、IROTEC(アイロテック)の可変式ダンベル20kg×2半年間の使用(プレートに付けるラバー、ゴムみたいなやつは未使用)したモノが、ヤフオクで8,000円(送料は着払い)で売れました、定価約12,000円なので、定価の66%で売れたことになります。

4,000円で半年間レンタルしたようなものですね。ひと月700円弱です。

もし、筋トレが続かなかったとしても、売ること前提で考えれば、12000円をドブに捨てて、鉄の塊が置き物にならなくてすみますね。

ダンベルはなぜ高く売れたのか⁇

ダンベルがなぜ高く売れたのか考えてみました。私はこの2点が理由かなと考えました。

筋トレは流行に左右されない

最近でこそ筋トレYouTuberやボディメイクの大会の影響でフィットネスという業界が盛り上がってきていますが、筋トレって流行に左右されないんですよね。なぜ左右されないか⁇それは人には動物的本能が遺伝子に刻み込まれているからです。わけわかんないこと言ってすみません…特に男性の場合は顕著で、筋トレによる男性ホルモン(テストステロン)の分泌で闘争本能が湧いてきたり、また、身体がデカい人と対峙した時本能的にビビったり、逆にナメられたりってことは誰しも経験ありますよね。そういうことです。

筋トレの目的って、ストレス解消、体力向上、闘争心の維持、アンチエイジング、太りづらい身体、セクシーな身体、美容、モテ等々、人間の欲求につながることばっかりじゃないですか、こう考えても流行なんて関係ないんです。

目的は重りとして機能するかどうか

ダンベルの目的、それは重りとして機能するかどうか。サビようが傷つこうがそのダンベルが5kgなら、新品同様ダンベルカールは可能なわけです。ダンベル(鉄の塊)の減価償却期間は長いですよ。耐用年数なんて何十年ってレベルじゃないですか⁇僕が死んでも、5kgのダンベルはサビで数十グラム減るだけでダンベルカールで上腕に負荷をかけることは可能でしょう。これも高く売れる理由の一つだと考えてます、筋トレを始めたい人は飢えてますから、重りとして機能するなら多少の投資はやむを得ないと考えているのかもしれません。

まとめ

最近モノの価値に対してシビアに見るようになってきました。

具体的にいうと、結局安物買うより、高いお金出して良いモノ買った方が結果的にコスパ良いいよなと改めて感じてます。例えば、ファッションでもレッドウイングやダナーのブーツとかって時を経ても価値は変わらず、流行に左右されずに良いモノだし、アウトドアブランドの昔からデザインが変わらないような看板商品は長く使えますよね。

それにもし自分に合わなくても、メルカリやヤフオクですぐに売ることができるから大きな損失にはならないという安心感もあります。失敗に対する抵抗感が無くなってるといいますか。

話は変わりますが、当サイトも時代を超えても価値の変わらない情報を提供していければと良いなと考えています。

ここまで読んで頂きありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

・1985年生まれの33歳、子供1人 ・IT業界のサラリーマンから肉体労働者への転身をきっかけに  筋トレ開始 ・筋トレ歴2年(2016年12月に開始) ・筋トレを始めて52kg⇒62kgにガタいが変化(ガリガリ⇒細マッチョに!) ・痩せたい、太りたい、カッコよくなりたい、キレイになりたい、  願望は誰もが持っていると思います、皆さんにお伝えしたいことは  知識と意識さえあれば誰にでもカラダを変えることは可能だということ ・「筋トレ始めたての頃にこんなサイトがあればなぁ、、」を  形にします!このブログでみなさんの健康的でオシャレなカラダづくり のお手伝いができたら幸いです。